医療脱毛の注意点は?

痛みや肌トラブルのリスクもあることを理解しておこう

脱毛は、毛根からのムダ毛処理という点が除毛との違いですが、脱毛であってもさまざまな方法があります。永久脱毛までの効果を得たいという場合には、医療脱毛で受けることになります。
医療脱毛は、レーザーを使用して毛が生える組織を破壊するという方法であり、多毛症の治療にも活用されています。病気の治療だけでなくムダ毛処理としても施術を受けることができるのですが、レーザーは強い光でもあるので激しい痛みという危険性も持っています。また、光の熱によって皮膚が軽いやけどをしたような状態にもなるので、それによって肌が赤くなったりかゆみやできものが発生することもあります。病院で行われていることから医師による診察で万全の体制で行われていますが、全ての人に安全とは言い切れません。

伸ばしたくても生えてこないことを理解しておこう

医療脱毛は、治療が完了すれば永久脱毛をしたことになります。毛を作る組織を破壊しているので、毛を作るという機能がなくなったことになります。つまり、伸ばそうとしても生えてこないことになるのです。
ムダ毛であれば、伸ばすこともないので医療脱毛はとても効果的な方法です。しかし、伸ばす可能性がある部位であれば今後のこともよく考えて受けなければなりません。とくに、女性に人気のVIOライン脱毛では、子供のように全くアンダーヘアがない状態を変に感じるようになるかもしれません。また、男性のヒゲの場合も同様に、今は職場でヒゲを伸ばすことができずに手入れの手間を省くために受けたとしても、定年を迎えた後に伸ばしたくなる可能性もあります。